経歴ロゴ

YAS写真

YAS Profile

東京都生まれ。
幼少時より絵画に大きな興味を示し、1975年、動物愛護協会全国ポスターコンクールにて入選するが、直後、大きな事故に遭い、18ヶ月の長期入院療養生活を余儀なくされ、一度画家への道を諦める。
学習院大学ドイツ文学部卒。卒業後、ゲーテインスティテュートにて、Zentrale Mittelstufe Pruefung資格取得。大学在学中よりドイツを始めヨーロッパ各地に留学、歴訪する。

Drach写真

Drach Profile

兵庫県生まれ。
音楽家(ジャズミュージシャン)である父のもと恵まれた芸術環境で育つ。 グラフィックデザイン、WEBデザインの仕事をしながら、独特の色彩感覚を育む。 1998年、個性派パステル作家の中山女史と出会い、彼女の持つ新しいパステル技法の教えを受ける。
その後も独自に工夫を凝らしながら創作活動を続け、後に妻となるYASと会ったことを契機に本格的にパステルアートの創作活動を拡大していくことになる。

EijiYasu Profile

当時、私達は共同で創作を行っており、「EijiYasu」という二人のファーストネームを重ねたものをアーティストネームとして使用していました。「EijiYasu」にて作品を発表するようになってからの主な経歴は以下の通りです。

2005年3月、東京新日本橋のギャラリーユーメリアにて初個展。

直後にフランスに渡る。

2006年3月2~6日アートエキスポ NewYork に出展。(ブース番号405)

2010年11月、日本に帰国。

Drachの体調不良を始め、様々な事情から帰国することになりましたが、その後は環境が整わず新しいパステル画の創作を行うことはできていません。

2019年現在は、Drachはデザイナー及びフォトグラファーとして、YASはイラストレーターとして活動しています。